ネットで買える避妊薬通販

次の生理が遅れる可能性が大きい経口避妊薬について

避妊に失敗した可能性がある場合に使用するアフターピルと言われる経口避妊薬があります。こちらは女性がやむを得ない理由で避妊に失敗したときに、ホルモン避妊薬を服用することで、妊娠を回避することができます。避妊薬は性行為の後72時間以内に服用することが決められており、その12時間後に2回目の服用をすることで効果を発揮します。

アフターピルは多くの方が胃がムカムカしたり、吐き気を催すなどの副作用に見舞われることが少なからずあります。その場合は、吐き気止めを飲むなどして、充分対策を行う必要があります。

次の生理が遅れることが大きいのも避妊薬の特徴です。元々の周期で来る人もあれば、そうでない人もいます。アフターピルは体内のホルモンバランスが乱れて生理不順になるという副作用があるので、服用する場合は説明をしっかり頭に入れないといけないです。

次の生理が遅れることが可能性として大きいですが、それくらい強い効き目のあるのが避妊薬なのです。緊急に使用することで体に薬の負担がかかったこともあり、生理周期に影響を及ぼすことになりますから、当然副作用は強いです。ですが、避妊に失敗したと嘆いていてはどうしようもありません。ゆっくりしている時間もありません。72時間以内というタイムリミットを守れば、望んでいない妊娠を防ぐことができるのです。

本来は、きちんとパートナーと避妊をして楽しい時間を共に過ごしていければいうことはありませんが、人間ですから、失敗は1度や2度はあるでしょう。生理周期は多少乱れ、次の生理が遅れることも大きいという副作用はありますが、アフターピルを服用するとその後、ちゃんと生理がきます。安心を得たい人にはとても価値のある薬です。