ネットで買える避妊薬通販

避妊薬を使った場合の失敗例

避妊薬を使っていながらも避妊に失敗し妊娠してしまうケースがあります。
まず低用量ピルの場合ですがきちんと毎日飲んでいれば失敗する事は有りません。100パーセント妊娠しない体にできるのです。
しかしつい飲むのを忘れてしまっ場合妊娠しない体ではなくなっているためタイミングが悪いと妊娠してしまう可能性があります。
28日タイプの場合は偽薬も含めて毎日飲むため飲むのを習慣にできやすく飲み忘れになる事は少ないのですが21日タイプの場合は飲み忘れる可能性があります。
もしも失敗例になりたくないならきちんと飲むようにしましょう。
そして事後避妊薬、モーニングアフターピルの方ですがこちらでも失敗例はあります。
性行為をした12時間後に避妊薬を飲んでいるのにも関わらず、医師の注意を聞いていても妊娠することがあるのです。
これには色々な可能性が考えられますが、モーニングアフターピルを飲んだ時にはもうすでに妊娠しているというケースです。
自分ではその場合には効き目がありません。
妊娠した可能性があると思われる性行為の前にも失敗した可能性がないか思い返してみましょう。
あと失敗例としては避妊薬を使うタイミングが遅すぎた場合です。
一応120時間までに飲めば効果があると言われていますが72時間以内に飲まなければ失敗する確率が上がります。
モーニングアフターピルは決して100パーセント妊娠を避ける薬ではありません。あくまでも妊娠する可能性を下げるための薬だと思っておきましょう。
処方ミスなどが無い限りは遅れて飲まない限りは基本的に避妊には成功しますが確実に避妊させたいのなら普段から低用量のピルを飲んでさらにコンドームを飲むなどして対処するしかありません。