ネットで買える避妊薬通販

避妊薬以外の昔の避妊法と、IUDによる避妊について

最近の一般的な避妊方法には、避妊薬である「低容量ピル」を処方してもらって毎日服用したり、またはアフターピルを服用したり、男性の方ならコンドームを使うなどの様々な方法があります。避妊薬を使わない避妊方法では、昔の避妊法には「IUD」というものがありました。もちろん現在でもありますが、IUDは使用するのに少々面倒なことが多い避妊具です。昔の避妊法、IUDとは、女性が膣内に装着するような形の避妊具であり、避妊薬というよりも一種の器具だと言えます。

女性がこのIUDを装着するためには、産婦人科などで子宮のサイズを測ったり、子宮の位置を測定したり、骨盤内の臓器の検査などを行ったりといった、多少面倒な検査をする必要があるため、現在では使用する方は少なくなっており、そのために「昔の避妊法」と呼ばれています。また、装着するには「出産経験があること」が条件となっていますので、とくに晩婚化や高齢出産の進んでいる現在では、余計に昔の避妊法となっているのでしょう。

IUDを装着して避妊することのメリットは、「IUDの位置がずれていないか?」などを確認するために、装着してから1ヶ月後や3ヶ月後、または1年後などの定期的な検診が必要になるものの、一度装着すれば数年間にわたり避妊が可能になるという点です。若い頃に何人か子供を産んで「もう何年かは子供は要らないわ、作らなくていいわ」という場合には、IUDはたいへん有効な避妊方法だと言えるでしょう。しかし、IUDの装着によって月経時の出血の量が増えてしまう方もおり、個人個人の体質によっては合わない方もおられます。なのでやはり、一概に「一番簡単な避妊方法」とは言いにくいですね。